1. HOME
  2. ブログ
  3. 課題提示型
  4. 【実証実験レポート】AI・IoT等のテクノロジーを活用し、ウィズコロナ・アフターコロナの新たな社会を創出!

レポート

【実証実験レポート】AI・IoT等のテクノロジーを活用し、ウィズコロナ・アフターコロナの新たな社会を創出!

Hatch Technology NAGOYA課題提示型の中でも最も応募が多かった「ウィズコロナ・アフターコロナ」のテーマ。採択された、名古屋大学発のベンチャー、メドリッジ株式会社による実証実験をご紹介します。

メドリッジは、2019年に経⿐内視鏡⼿術訓練システムとして、人間の頭部を3Dで再現した生体の解剖学構造にセンサーを搭載したバイオニックヒューマノイド「バイオニック ブレインシリーズ」を開発しています。脳外科手術手技を見える化することで、内視鏡手術の技術の向上を目指してきました。

 今回の技術を応用し、新型コロナウイルスをはじめとするウイルス感染症の検査における鼻咽頭の検体採取を、患者への負荷を最小限で実施するためのトレーニングシステムを開発しました。

鼻咽頭スワブ採取トレーニングシステム外観
鼻咽頭スワブ採取トレーニング用3Dモデルと、センサの出力例

実証実験では、次世代手術訓練用モデル(バイオニックブレイン)をベースに、鼻咽頭部分の3Dモデルを作製し、熟練者が、どのようにスワブ(綿棒)を使って検体採取を行っているか、センサーにより数値化を行いました。これにより、検体採取に不慣れな医師や看護師らが、手技の向上、検体の確実な採取に繋げられるかを検証するもので、名古屋大学附属病院の協力をいただき、実際に複数の医師や看護師らによるテストを通じて、手技データの収集やトレーニングの有効性の検証を行いました。

藤原医学部付属病院教授からは、「最大のいいところはセンサーが入っているので正しく接触しているかどうかがわかるということと、接触の強弱がわかりやすくなっている、音の強弱で示されるのでわかりやすくなっている。はじめて採取する先生はこれで練習してからやると非常に有効ではないかと思う。」とコメントを頂いています。

↑名古屋大学附属病院におけるトレーニングの有効性の検証ようす

2月22日には、健康福祉局職員からの意見聴取のため、市役所会議室にて。メドリッジ代表取締役の益田さんによる製品説明と実際の機器を使用して、スワブ採取トレーニングを体験していただきました。関係者からは、「今は唾液検査の精度が上がっているが、唾液が出せないような寝たきりの方など、負傷者等には引き続き 鼻咽頭検査が有効であり、価値はある​。」とのコメントを頂きました。

メドリッジとしては、今後、感染症のPCR検体採取を実施する医療機関や看護学校への導入や海外への展開も目指しており、名古屋市スタートアップ支援室としても、引き続き支援していきます。

↑健康福祉局職員への意見聴取のようす
↑健康福祉局職員の体験のようす

関連記事